札幌 – 稚内 – 網走自転車ツーリング紀行(5日目・浜頓別ー紋別)

紋別市の天気:くもり
最低・最高気温:19.6/26.5
走行距離:130km

オホーツク沿岸の都市・紋別に向けて出発する

今日の目的は紋別です。紋別まで地味に124kmもあるそうで、そんなに走りたくないのですが、道中に適当な都市がないんですよね。

私はホテルやユースホステルに宿泊しながらツーリングをしておりましたが、キャンプ場使用ならもう少し自由度高く、旅程が組めるのかもしれません。

いきなり大前に見舞われる

途中大雨に見舞われました。天気予報や雨雲の動きから、ある程度予測されたいのですが、あまりにも激しい雨のためさすがに走るのを中断せざるを得ませんでした。

バスの停留所で雨宿りしていると、40代くらいの同じく自転車でツーリングしているおじさんも入ってきます。

おじさんはかれこれ二ヶ月くらい旅をし続けているとのこと。知らないところに強者がいるもんですなぁ。

興部村に到着

紋別手前の興部村に到着しました。

この興部村には鉄道が通っていたらしく、国鉄の民営化に伴って廃線となりました。

興部村の道の駅は、旧興部駅であったらしく現在では無料の宿泊地、ドミトリーとして機能しているようです。

実際に興部村の道の駅に行ってみると、自転車、バイクを問わず多くのライダーがいました。

興部村のメインストリートです。

興部村から紋別に向かう道中、やはりオホーツク海がきれいでした。紋別に近づくにつれてレンタカーのみならず交通量は多くなりました。

今日の宿からみえた景色です。この宿はドミトリーがあるような安宿ではなく、れっきとしたビジネス、観光ホテルでありました。

ホテルの前には多くのバイクが駐車されており、この時期の北海道のすばらしさを求めて多くのライダーがやってくるようです。

最近ドミトリー泊まりだったので、喋る仲間がいないというのは、少し寂しくもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です