JR北海道の特急列車で英語にあって日本語にないアナウンス

特急列車のアナウンスというと、「ご乗車いただきまして誠にありがとうございます」とか、「この電車の行き先は・・・」など自動音声でアナウンスされています。

札幌駅を出発する特急列車の場合は、白石駅を越えてもなお日本語、英語、中国語でのアナウンスが延々と続くので、少々耳障りなのが正直なところです。

一方でこのアナウンスをよく聞いていると、英語のアナウンスでしか放送されていない文言があります。正確に言うと、中国語はわらかないので、英語にあって日本語にないアナウンスといったところでしょうか。

それは、少し間違いがあるかもしれませんが、

Please refrain from engaging in loud conversations

というものです。日本語に訳すると大声の会話はやめましょう、

ということでしょうか。日本の列車内は、海外のそれと比べると非常に静かです。日本人の国民性なのか、列車内は静かにするべきだというようなマナーが刻み込まれているかどうかなのかはわかりませんが、とにかく静かですね。

海外では電車の中でも話し声を聞くのはもちろん、電話している人も多いように思います。日本に来た外国人向けのアナウンスなのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です