札幌におけるタイヤ交換の時期




札幌でタイヤ交換する時期はいつも迷います。

以前タイヤ交換を早めにしなかったばっかりに、ちょうど車を使うべき日と初雪の日が重なってしまって、泣く泣く車を使えない日がありました。

その日はしょうがないのでタクシーを使って移動したのですが、往復で1万円ぐらい余分な出費になってしまいました。したがってタイヤ交換と言うのは家計にも影響してくるなかなか難しいものなのです。

タイヤ交換を早めに行うことは重要である

いつ交換すべきかと言う命題に対しては、どのように車を使うかということにも関係してくるかと思います。

札幌市内だけの移動であれば少し遅くても問題ないでしょうし、峠を越えて他の年行くと言うのであれば、早めの交換が絶対に必要です。札幌周辺の中山峠などでは、驚くほど早い積雪が観測されます。

またタイヤ交換するのがめんどくさければ、早めにタイヤ交換をして、冬は長い間スタッドレスタイヤを履いていくということを選択肢にわかるかと思います。

ただしこの場合は、スタッドレスタイヤの劣化が進みますので、冬タイヤを長く使いたい場合にはあまりオススメできる方法ではありません。

札幌における初雪の日をみてみよう

ここでタイヤ交換の時期をより正確に見ていくために、過去10年間の札幌市の初雪の日を見てみましょう。

http://www.sapporotenki.jp/data/record_snow.html

幅はありますが、おおむね10月中旬 – 11月中旬といえるのではないでしょうか。

札幌の場合は、初雪=積雪となって、必ずしも冬タイヤが必要になるわけではありません。ただしこの時期になると気温が低いことが多いですし、ある程度の量が降れば、翌朝にも雪が残っていることがあります

本州だと雪がちらついていてもたいていの場合ノーマルタイヤでOKなのですが、札幌の場合はそうもなかなかいきません。

札幌におけるおすすめ冬タイヤの装着時期

ということで、いつ何時でも雪道を走れるように揃えておくと言う観点からは、余裕をもつためには10月中、そして車を確実に使うという点からは遅くとも11月中旬までにはタイヤ交換するのがベストの選択と言えそうです。

12月になると路面が凍結して、タイヤ交換にいける日の方が少なってしまう年もあるので要注意です。

夏タイヤの装着時期

これは冬タイヤよりも少々予想しにくいですね。

http://www.sapporotenki.jp/data/record_snow.html

過去10年の月別の降雪量をみると、2007、14、15年を除いては、4月にもある程度の降雪があります。したがって、夏タイヤの装着時期は安全を見るのであれば、4月下旬くらい以降ということになりますでしょうか。

ただし、実際は札幌市内ならば3月下旬頃になると道路の雪はほぼ溶けきっており、気温も上昇傾向なので、路面が凍結することもほとんどないような状況になります。

私自身も毎年3月下旬〜4月上旬くらいに冬から夏タイヤへの交換をしていますが、タイヤを替えて困った記憶はあまりありません。

したがって、札幌市内に日中運転する程度であれば、4月上旬くらいのタイヤ交換で十分だと思います。

一方で、夜間に運転するとか、車を使えないと絶望的な状況になるとか、峠を越えると言った場合は、さすがにGWを超えてからのタイヤ交換の方が安全かと思います。










関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です