SNSの呪縛




FacebookやTwitter、ミクシィなどのソーシャルネットワークサービス(SNS)を利用している方も多いのではないでしょうか

SNSはおもしろい!

SNSってやっていて面白いですよね。友達が今何しているかとか、最近友達に会ったこと、恋人や友人関係などもSNSを見ていれば手に取るようにわかります。

自分が何かコメントをすれば、それに対して返事が来たりしますし、日常生活で成功したことがあれば、さりげなくプチ自慢することもできます。

そんな私ですが、最近はこのSNS疲れと言う現象なのかどうか、継続するのがしんどくなってきました。

SNS疲れ

SNSをやっていて、トータルで見てプラスになることってあまりないような気がするのです。友人の成功体験や結婚報告を見たとしても、心からおめでとうと言えることが少なくて、祝福の気持ちと同時に嫉妬の気持ちも思ってしまいます。

またFacebookの投稿が純粋な自慢だったりすれば、正直嫉妬の気持ちしかわかないですよね。他人の不幸は蜜の味とまではいいませんが、人間てのは正直な生き物です。

職場は厄介

さらに厄介なのは、職場の上司や部下からのリクエストです。微妙な関係の気を使う人間からのリクエストは本当に困ります。スルーすることもできなければ、快くOKするしかありません。以前後輩からのリクエストをスルーして、気まずくなったことがあります。

本音を投稿できるはずのSNSですが、仕事の愚痴をかけるわけはありませんし、結局のところ当たり障りのない投稿しかできず、何十もの検閲を受けたただの掲示板となりかねません。

SNSやめました

そんなSNS疲れを自覚して、思い切ってすべてのソーシャルネットワークサービスを辞めることにしました。Facebookは私は5年ほど続けてきましたが、たいして投稿もしてないですし、やめるときには全く未練はありませんでした。

やめてしまえば毎日Facebookにアクセスすることもなく、Facebookを見ていろいろ物事を考えることもないので、非常に気が楽になりました。

その他職場の上司への対応に困ることもなくなりました。Facebookをやっていないのですから、上司から見ればリクエストのしようがないですからね。これで不要な衝突を避けられます。










関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です