JR北海道における特急列車の検札について

JR北海道における特急列車の検察について書いていきたいと思います。検札では、有効な特急券を持っているか、乗車券を持っているかなどが確認されます。指定席の場合には、指定券も確認されます。

通常や乗務している車掌が車内を回ってして、日付の入ったスタンプで乗車券や特急券にハンコを押してくれます。これが検札を経たと言う証になります。

検札がある場所

車掌さんが車内で検札に来る場所というのは、様々です。

列車が発車してすぐ検札に来る車掌さんもいれば、逆に到着間際になって検札に来る場合もあります。

スーパーおおぞら、スーパ北斗などの長距離の特急列車の場合は、発車してすぐの場合が多いように思います。

一方で札幌-旭川の特急カムイ、特急ライラックであれば、特に旭川発の場合、途中の砂川、岩見沢等で乗車してくる人が多いためか、岩見沢を過ぎてから検札されることが多いように思います。

また札幌発の特急列車の場合は、苫小牧・室蘭・函館方面の場合は、新札幌駅を越えてから検札される場合が多いように思います。

これも新札幌駅からある程度乗客がいるといことと、札幌駅と新札幌駅の駅の間が短いことに起因しているのでしょう。

検札に来ないこともある

さて稀ではありますが、車掌さんが検札にこないこともあります。

大雪の関係でダイヤが大きく乱れ、特急列車の乗車率が200%以上になったことがありました。自由席のみならず指定席や列車の連結分には乗客が大勢あふれ、トイレに行くのも一苦労と言ったような状態です。

激混みのスーパー北斗に乗車しました

2017.01.15

当然このような状態の場合には車掌は動き回れませんので、検札はありませんでした。

それ以上にダイヤの乱れに関しての対応などで、重要な仕事があるからでしょう。したがっておおきなトラブルが起こった場合には、検札が行われないこともあるようです。

他にも前触れなく検札がない場合があります。私も何度か経験するのですが、車掌が特急券や乗車券などを全く見に来ない時もあります。

確率としては大体10回に1回位といったところなのですが、なぜそのようなことが起こってしまうのかはよくわかりません。

眠っていると検札されないことがある

心地よい車内ですから、当然うとうとしてしまうこともあります。

寝ている乗客に対して、車掌によっては、3回とか4回とか体を揺すって呼びかける方もいれば、寝ていると判断するや否や、声も掛けずに次のシートに行く車掌さんもいます。

この辺の対応は車掌ごとに一任されているのかもしれませんが、よくわかりません。

私はJRの特急に乗るときは、99%仕事で乗るので、危ない橋を渡る事は無いのですが、例えば室蘭や旭川などから特急列車に乗って、乗ってしばらくするとうとうとして、目が覚めると札幌駅だったと言うことが何度かありますね。

その場合にも、もちろん乗車券と特急券を持っているのですが、車掌さんに見せることなく列車の旅が終わってしまったと言うことも経験しています。

まともに検札して、まともに乗車券や特急券を購入している側からすると、誰かしら抜け道に使っているのではないか、と勘ぐりたくもなります。

車掌さんの動きを見ていると、車内での検札に関しては、ある程度車掌さんに任されているのかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です