ANA株主優待券




ANA株主優待券の概要

ANAの株主になると、毎年2回株主優待券を得ることができます。株主優待券は1年位有効で、ANA国内線の1区間を株主優待運賃で利用することができます。

現在は特割とか旅割とか、実際の飛行機を利用する日の2−3ヶ月前に予約すれば、非常に割安に飛行機に乗れる運賃が整っているので、安さと言う点ではこれらの特別な運賃には及ばないかもしれません。

直前になって利用する場合

しかしながら、株主優待の真価が発揮されるのは、直前になって飛行機を利用しなければならない時でしょうか。

基本的にはこの株主優待の運賃は、いつ予約しても同じ値段ですので、急な帰省や、急な搭乗の際には非常に役立つものになるでしょう。一般的な運賃は利用日が近くなればなるほど、高くなってしまいます。

キャンセルが効く

また旅割や特割とは異なり、キャンセルに関してもある程度寛容なシステムが敷かれています。航空券をキャンセル したからといって、全額や半額を失うことはありません。これも株主優待運賃の魅力の一つです。

修行に使える

ほかのブログに詳しく解説されているので、詳細は割愛しますが、ANAの上級ステータスを獲得するにあたっての修行にも、株主優待券は役立ちます。

株主優待券を使ってプレミアム株主優待運賃にてプレミアムクラスに搭乗することで、かなりのプレミアムポイントを加算することができます。ゆえに修行を効率良く、そして短期間で終了するためには、株主優待券は必須です。

売却も可能

またこの株主優待権の優れているところは、実際の株主あるかどうかにかかわらず、その優待券を使用できるということです。

したがってYahoo!オークションでは常に1枚あたり3,000円から5,000円の間で取引されており、使わない場合にも容易に売却することができます

ただしこの株主優待権にも少し弱点があって、年末年始やお盆の際には株主優待運賃が設定されていないこともあり、株主優待券自体が使えないこともあります。

以前年末年始の際に株主優待運賃を利用しようとしたら、株主優待運賃自体が設定されていないことがありました。

しかしながら全体として見てみると、ANAの株式は株主優待券ということだけを見てみると、非常にコストパフォーマンスの良い株と言えるでしょう。










関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です