ANAのラウンジで見たVIPタグをつけた乗客。その素顔はわからず…




以前ANAの国際線ラウンジを利用したときに、VIPタグをつけている方がおられました。

その方の詳細はわからずじまいですが、「ああ、VIPタグって本当に存在するんだな〜」と思ったので、忘備録的に書き記しておきます。

明らかにVIPな雰囲気の男性

ある国際線のラウンジゆっくりしていたときのこと、手荷物にVIPタグをつけた男性がラウンジに入ってこられました。

その方が持っていたのは、小さな手荷物とキャリーバッグでしたが、その手荷物にVIPタグがつけられていたのです。

その方は60歳位の男性で、綺麗なスーツを着用しておられました。周囲には40から50代位の同じような男性が、これまた綺麗なスーツやシャツを着て、5名ほどいらっしゃいました。

すぐそばにはANAの地上係員と思われる方がおられ、どうやらラウンジまで同行されてきたようです。

お、これがVIPタグか!と思ったわけです。

ANAのVIPタグは、VIPな人を意味するサインであった

VIPタグについて調べてみると、どうやら特別な地位の人のみに与えられるステータスのようなものらしいのです。

プラチナメンバーやダイヤモンドメンバーと違って、飛行機にたくさん搭乗したからといって付与されるステータスではないようです。つまり自ら申請するか、ANA側から招待されないとしないといけないようです。

もちろん顔が割れている超有名人やスタッフであれば、別の部屋で飛行機の出発まで待機するのでしょうけれども、一般企業の社長等であればこのようにVIPタグをつけてラウンジを利用することもあるようです。

ちなみに私が利用したのはANA suiteラウンジ等ではなく、国際線の一般的なスターアライアンスラウンジです

やはりVIPな人の所作は軽やかであった

ラウンジの中でその方の動作を見ていると、ラウンジを出て免税店に買い物に行ったり、日本語の文庫を読んだり、やっている事はいたって普通でした。

周囲にいる男性の方がラウンジを利用している様子や、その人数が5−6人であることを考えると、おそらくは大企業の社長や、政府系の要職についているということなのでしょうか。

ただし表情は幾分柔らかい感じでしたので、どちらかというと民間企業の方かもしれないです。というお話でした。

ANAラウンジにスマートに入るために

2017.10.22









関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です