長く滞在する海外のホテル選びで注意すべきこと4つ

海外旅行や出張などでは、長期滞在する場合、どこのホテルに泊まるかということが非常に重要になってきます。今回はホテル選びに重要なポイントを4つ紹介したいと思います。

公共交通機関に近いこと

まず大切なのは、やはり地下鉄の駅に近いとか、 鐵道の駅に近いと言ったポイントは非常に重要です。特に重い荷物を持って移動を余儀なくされる海外旅行では公共交通機関から近いと言うのは大切なことです。

ホテルから空港までの移動だけではなく、観光やビジネスで公共交通機関を利用することがあるので、やはり駅から近いというのは重要です。

治安が良いエリアであること

その他、治安と言うものを考えた場合の立地も重要です。

日本では夜間に1人で出歩く事は全く問題ありませんが、海外の多くの国では、たとえ先進国であっても避けるべき行為とされています。

治安という点では、良いエリアと悪いエリアがなんとなく分かれていることが多いです。一般的には大きなターミナル駅の周辺の裏側、高速道路の周辺などは治安のよくないことが多いですね。

朝食がプランに含まれていること

次に重要なのは、朝食がホテルのプランに含まれているかどうかでしょうか

慣れない海外では、レストランで食事を取るのが大変だったりします。メニューは英語で書かれていたり、店員とコミュニケーションを取るのが大変だったり、口に合わないこともあるでしょう。

長期滞在する場合であればなおさらです。3食毎回レストランで食事を取るのは日本でも大変です。

その意味でも、ホテルの朝食と言うのは、日本の朝食と同じようにエネルギーを使わずに取ることができるので、食事をすると言う点では非常に強い味方になります

長期滞在するような海外旅行や出張の場合には、部屋のキッチンがついているかということも重要になってきます。

キッチンやランドリーが付属していること

滞在型ホテルの場合は、必ず小さなキッチンがついたホテルが検索結果に出てきます。食事のストレスを減らすという意味でも、近くのスーパーで食料を買ってきて調理できる環境にあるというの非常に大切です。

また洗濯をする必要もあることを考えると、ホテルの中に自由に使えるランドリーの設備が付属していることも重要です。

これらは高級ホテルというよりは、どちらかというと3つ星くらいの中級ホテルの方が設備が整っていたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です