釧路駅前・和賞市場で海鮮丼を食らう




和商市場は釧路駅からすぐ

和商市場って遠かったらやだなーなんて思っていたのですが、驚くほど駅近でした。

釧路駅の南西に位置していて、駅からは徒歩2−3分くらいだと思います。釧路駅で次の電車まで時間がある場合は、立ち寄って損するような場所ではないと思います。

平日の昼に和商市場に行く

ここでは、お土産用の海産物、その加工品などを売る店が軒を連ねており、地元の人から観光客まで、多くの人が訪れるスポットになっています。

私は平日の昼頃にお邪魔しましたが、合宿中と思われる大学生、観光客の方、外国人と思われるお客など、多種多様なお客さんがいました。釧路駅前が閑散としていることを考えると、すごい賑わいと言って良いほどだと思います。

 

目玉は自由に選べる海鮮丼

この和商市場での一番の売りは、なんといっても自由に素材を選べる海鮮丼かと思います。

システムとしては、市場内の決まったお店で好きなサイズのご飯を購入し、その上にまた別の店で買ったネタを乗せていくシステムになります。

ネタは5-6店舗くらいのお店でいろんなものが売られており、それらを自由に選んで丼の上にのせ、食べるというスタイルになっています。

漁業の町釧路ならではの、楽しみ方と言えるでしょうね。

どうやって買えばいいの?

海鮮丼の購入に関しては、あまり心配する必要はないでしょう。

というのも、私の場合は海鮮が並んでいるところを遠目に眺めている、お店のおばさんに「お兄ちゃん、ご飯はあっち」などといって、いろいろ声をかけてくださいます。

言われるがままに別の店でご飯を購入し、またお店に戻ってくると、今度はカウンターの中にいるお姉さんに「どれにしますかー?」と聞かれます。

こちらからアクションを起こさなくとも、入店、購入、食事まで一通りの手順を終えることができるわけですねぇ。

たくさん種類がありすぎて、どれを選べば良いかわからなかったので、私は「旬なものをお願いします」とお願いしたところ、数種類くらい適当に選んでトッピングしてくれました。

トータルの金額としては1000円ちょっとでしたが、コストパフォーマンスを考えると、すごくお安く海鮮丼を堪能できたと思います。










関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です