羽田空港国際線ターミナルでシャワーを使う。意外と快適




羽田空港国際線ターミナルにはシャワールームが存在しています。

遠路はるばる帰国した場合や、深夜便で羽田空港から出発する際には、シャワールームはありがたい存在となるでしょう。

そんなシャワールームを利用してみましたので、その体験をご報告したいと思います。

シャワールームの概要

場所は国際線ターミナル到着ロビーのメインエントランスから右側、到着ロビーからは左側にあたります。

こじんまりとした外観ですが、中にはちゃんとしたシャワールームが設置されています。

このシャワールームは、日本に到着した旅行者が使えることはもちろん、一日の観光や仕事を終えて深夜便で海外へ出発しようとする搭乗客も利用することができます。

料金は1,000円程度で、基本的に30分の使用時間となっていてます。それ以上利用する場合は延長料金が必要になります。

他のインターネットサイトの口コミを見ていると、夜の10時くらいに行くと結構混んでいるという口コミがあったので、21時ぐらいに行きました。

そうするとかなり空いていたようで、ほとんどのシャワールームが空室でした。受付で手続きを済ませると、写真のようなルームキーをもらいます。

シャワールームの内部

シャワールームの内部は、洗面台が1つ、シャワールームが1つとなっています。

場所的にはあまり広くないので、海外旅行用のキャリーケースをおいてシャワーを浴びる事は可能ですが、キャリーケースを大きく広げて荷物の整理をするスペースはないかもしれません。

シャワールームには最低限のアメニティー、タオルが設置されています。

シャワールームは普通のシャワールームといった感じで、特に可もなく不可もありません。

もちろんひとりの利用者ごとに清掃がされていますので、内部や洗面台は清潔に保たれています。実際シャワーを使ってみるとわかりますが、女性でも30分あれば十分にシャワーをあび、身支度を整えることができます。

私が利用したところ、15分くらいですべてが終わってしまいました。

すぐ隣のカフェでドリンクを飲むこともできる

さてこのシャワールームのお隣には小さいカフェが併設されており、シャワールームを利用する際にこのカフェの利用券を受け取ることができます。

そしてシャワーを浴びたあとにコーヒーやウーロン茶を補給することができるようになっています。

羽田空港でシャワーを浴びるとなると、JALやANAのラウンジでシャワーを浴びることの可能なようですが、ラウンジに入るためには数千円を支払う必要がありますし、そうでなければ航空会社のプレミアステータスを得る必要があります。

また少し調べた所によりますと、羽田空港は深夜出発の国際線が集中しており、航空会社のラウンジ内にあるシャワールームであっても、そのような出発時間の前には結構混んでしまうようです。

したがって羽田空港国際線ターミナルに併設されているシャワールームを使うというのは、国際線を利用する搭乗客にとって現実的な選択肢かもしれません。










関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です