羽田空港を利用して東京にステイする際に便利なちょっといいホテル4選




地方に住んでいる私たちは、東京にやってくるとなればよく羽田空港を使います。

昨今の外国人観光客の増加によりホテル業界は活況を呈しており、どこのホテルでも軒並み宿泊価格が上昇しているようです。山手線周辺のホテルではビジネスホテルがシティホテル並みの価格並みに上昇してるように思います。

そんな中で、これまで私たちが宿泊してきて、羽田空港利用者に便利な、ちょっといいホテルを調べてみました。個人的には羽田空港利用者に便利なホテルとしては

・羽田空港から近いこと
・羽田空港からアクセスが良いこと(バス、電車)
・ホテル周辺に飲食店が充実していること
・ホテルとしてポテンシャルが高いこと

この4点かと思います。したがって、この4点の評価基準に基づいて、実際に宿泊してみてレビューしました。

ザ・プリンスさくらタワー東京(プリンスホテル系列)

品川駅から西に徒歩5分くらいのところにあるホテルです。羽田空港からは京急1本、さらに距離的にも近いのが魅力です。

このホテルの最大のメリットは、プリンスデリバリーサービスが利用できることでしょうか。

プリンスデリバリーサービスが秀逸

これは宿泊者限定のサービスで、チェックイン後に羽田まで送りたい荷物を預けると、当日のうちに羽田空港に配送され、羽田でピックアップした後にそのまま搭乗できるという便利なサービスです。

ホテルでの預け方は非常にスムーズで、フロントの横にあるデスクで手続きをすること3分程度、代わりに荷物のタグを受け取るだけです。

このプリンスデリバリーサービスは、品川にある大規模プリンスホテル系列が提供している羽田空港とホテル間の荷物宅配サービスです。

羽田空港からホテルまではいろんな会社がサービスをしているのですが、ホテルから羽田まで当日に荷物を宅配してくれるサービスってあんまりありません。

出発当日に宿泊ホテルから羽田空港に荷物を送りたいときの手段3つ

2016.11.15

ホテル内部も問題なし

ホテル自体はシティホテルといった感じでやや価格帯も高めに設定されています。しかしその分だけあって朝食やスタッフのサービスは問題ありません。

ホテル→羽田空港までの荷物の配送は、ホテルをチェックアウト後、東京を仕事、観光する際には非常に便利です。

大きな荷物を持ちあるいてコインロッカーを利用するという方法もありますが、土日祝のターミナル駅のコインロッカーは空きがないことや、一度預けたとしても、帰るときには元の場所に戻って取り出す必要がでてきます。

このプリンスデリバリーサービスは秀逸で、チェックアウト後すぐ手荷物クラークで羽田空港まで郵送したい荷物を預け、必要な手続きをするのみです。

価格は下記に示した通りで、コインロッカーを利用するよりは割高ですが、空港まで荷物を持ち歩かなくても良いことを考慮すれば高くないかと思われます。

http://www.princehotels.co.jp/takanawa-area/delivery/service.html

ホテルのポテンシャルとしてもクラシックなロビーの雰囲気や広々とした部屋など、申し分ないつくりになっています。

唯一残念なのは、ホテル周囲がビジネス街で、これといった飲食店があまり存在していないことでしょうか。

ミレニアム三井ガーデンホテル

銀座4丁目交差点にもほど違い場所オープンした、宿泊特化型ホテル。

ホテルのロケーションは都営浅草線・東銀座駅の目と鼻の先にあり、出口を選べばほぼ駅直結と思えるような場所です。

都営浅草線と京急の相互運転により、羽田空港から東銀座駅までは乗り換えなしで到達できるようになっています。したがって空港からのアクセスも問題ありません。ただし、空港からは約40分かかりますので、品川や新橋のホテルと比べると競争力は落ちますでしょうか。

銀座という立地

ホテルのロケーションは銀座の中心部ですので、徒歩圏内には多種多様様々な飲食店があり、食べるものや飲むものには困りません。それがやはり銀座という立地の魅力です。

ホテル内部は機能的

このホテルの特徴は銀座の中心部にありながら不要な施設を排除し、リーズナブルな価格に設定していることでしょうか。

バスタブではなく機能的なシャワーを設置し、高級レストランや結婚式場等を設けない手法は21世紀のスタンダードになるのでしょうか。

それでいてもスタンダードな部屋は最低限の広さを確保しており、滞在には全くストレスがありませんでした。

ホテル ザ セレスティン東京芝(旧:セレスティンホテル)

都営浅草線・三田駅から北に徒歩3-5分くらいのところにある都市型ホテルです。羽田空港からは乗り換えなし、約20分というロケーションにあり、空港からのアクセスは抜群です。

価格がリーズナブル

この三井不動産系列のホテルは他のホテルに比べると存在感がなく、穴場的なホテルになっています。ホテルの立地上、周囲にはめぼしいレストランや見所は特にないようです。

ゆえに宿泊価格は繁忙期であっても他のホテルに比べるとリーズナブルに抑えられている印象です。

ホテル内部にはコーヒー等の飲料を無料で飲める中庭があり、大変便利です。

ロイヤルパークホテル ザ 汐留

ロイヤルパークホテル ザ 汐留は各種新橋駅から徒歩2-5分くらいのところにある、ロイヤルパークホテル系列のホテルです。

こちらのホテルも羽田空港から京急で乗り換えなし、時間にすると30分くらいでしょうか。すべて屋根のある通路でつながっているので、雨の日でも濡れることなく、駅からホテルまで移動することが可能です。

ホテルはロイヤルパーク汐留タワーの高層階に入居しています。ただし、周囲は日本テレビタワー、電通本社ビル等汐留地区の高層ビルが林立しており、眺望はある程度制限されてしまいます。

新橋周辺には飲み屋が多い。銀座も近い

新橋駅周辺には飲み屋がたくさんありますし、少し歩いて銀座方面まで行けば食べ物や飲み物に困ることはないでしょう。

羽田空港から電車でやってきて、乗り換えが不要で、近くに飲食店がたくさんあるというのがこのホテルの売りではないでしょうか。

またホテルのフロントはビルの高層階に位置しており、客室はさらにそれより上に位置しています。眺望が良いかと思いきや、ホテル自体が高層ビルに囲まれており、眺望がよい部屋は限られてしまうようです。

朝食や夕食のレストランからは、東京都心のすばらしい眺めを一望することができます。

まとめ

以上おすすめできそうな、単なるビジネスホテルよりはちょっと贅沢なシティホテルについてご紹介しました。

ホテルによっては安い価格帯が設定されている時期もありますから、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?










関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です