真冬の札幌に訪れる時にしておきたい服装




冬の札幌は、本当に寒いです

12月下旬から2月いっぱいにかけては、札幌の1年の中でも特に寒い時期になります。札幌の中心部は、毎日朝方は氷点下になりますし、日中であっても気温が0度を超えない、真冬日というのが何日も続きます。日によっては最低気温がマイナス10度以下になることもあります。

例えば俺の札幌にやってきて、苦痛なく歩きまわると言うことを考えると、本州の冬の服装では、おそらくかなり寒く感じてしまうと思います。朝方の気温のマイナス5度とかマイナス10度と言うことになると、本州のスキー場の気温と大して変わらないと思います。

つまるところ、スキーウェアで来て初めて快適に過ごせる温度と言うことになります。

通常のコートやダウンジャケットでは寒さに耐えれない可能性あり

札幌と東京含めた本州は、1シーズンとすると違いすぎますが、0.7-0.8シーズン違うといっても過言ではないと思います。

私自身は札幌で生活してみて痛感するのですが、おそらく一般的なコートやダウンジャケットでは札幌の寒さは耐えれないと思います。

例えば私が出張で真冬に東京に行く時などは、札幌で普段11月位に来ている服装を持ってして出かけます。それぐらいでちょうどいい位の気温です。逆に札幌の真冬の格好で東京に出かけたとしたら、暑くて耐えきれないでしょう。

もし札幌に来る際に、本州で普段来ているようなコートやダウンジャケットの着用を考えているのであれば、ユニクロのヒートテック2枚重ねるとか、普段来ているセーターを2枚着用するなどといった、対策が強になってくるでしょう。

ただし厄介なのは、札幌の建物の中は、暖かく設定されていることです。したがって内側を厚着したとなると、これらの建物に入ったときに、暑くてどうしようもなくなってしまいます。

電車の中も暖房が強力に効いているので、すごく暑いです。ダウンジャケットを脱がなければ、これまた暑くて死にそうになるのです。

真冬の札幌ではどのような服装が適当か

したがって、真冬の札幌訪れる際には、スキーウェアかそれに準ずる位の服装で来るのが良いかと思います。おすすめなのは、スポーツブランドが出している防水・防風のダウンジャケットでしょうか。

私も何着か着用して見てわかったのですが、これらの機能があると外を出歩いていてもあまり寒さに顔をしかめることなく、出歩くことができます。

ダウンはやはりアウトドアメーカーがおすすめ










関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です