札幌 – 釧路を飛行機で行く。丘珠空港か新千歳空港か。




札幌 – 釧路はJRで4時間以上、バスや車だともっと時間がかかります。時間的なアドバンテージを考えると飛行機になるわけですが、丘珠を利用するのが良いのでしょうか、それとも新千歳から行くのが良いのでしょうか。

丘珠はJAL、新千歳はANA

googleでフライトを検索すると、丘珠からのJALのフライトと、新千歳からのANAのフライトがあることが分かります。

季節によって、年代によってフライトスケジュールは変わると思われますので、時刻にはあまり深入りしないでいましょう。とりあえずどちらも飛行時間は45minみたいですね。

空港までのアクセスで考える

ひとつの判断材料は、空港までのアクセス、ということになるでしょうか。

丘珠空港のアクセスは、車、バスになります。地下鉄駅からは離れていますので、タクシーまたはバスを利用することになります。

札幌市内に住んでいる場合、丘珠空港のある東区に近い場合は、タクシーや自家用車、バスなど丘珠空港の方が利便性が高いでしょう。

2017年の11月までは、札幌中心部から丘珠空港までの直行バスがありましたが、休止されてしまいました。そもそも便数が少ないので、時間を確認する必要があり、便数という点では利便性が限られます。

一方で新千歳空港へのアクセスはJRの快速エアポートの利便性が高いので、JR沿線に住んでいる場合は、JR利用で新千歳空港の利便性が高いのではないでしょうか。

JALの方が霧に強い?

これは釧路のタクシーの運転手から聞いた、嘘かホントかわからない話です。

札幌、釧路共に冬の間は大雪で空港が閉鎖されることがあります。積雪量で考えると札幌・新千歳の方が空港が閉鎖される確率が高いとされていますね。

一方で雪の少ない釧路空港でも、空港が閉鎖される場合があるようです。それは霧なんですね。

濃霧で視界が悪いと、航空機が着陸できないことがあり、これが釧路空港でも結構な頻度であるとのこと。そして、濃霧に強いのはJALらしいんですね。

これは噂話の域を出ないので、確証がとれたらまた加筆しようと思います。










関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です