新千歳空港ANAラウンジの改装

どうやらANAのホームページによると、新千歳空港のラウンジが改装されるようですね。

移転・改装の内容

 

1. 新千歳空港ANA LOUNGE(国内線)リニューアルの概要

  • ・新しいラウンジのコンセプト
    「一期、一会」
    “積み重ねた時間”と“きらめきの瞬間”が融合する、ANAならではのおもてなし空間をつくり上げたいという想いを「一期、一会」に込め、デザインコンセプトとしました。
    第一弾となる新千歳空港では、「大空の玄関」と「翼につつまれる空間」をテーマに新デザインを展開します。
  • ・改修工事期間
    2017年3月15日~2017年9月初旬(予定)
    ※2017年3月15日より工事を開始するため、ANA LOUNGEを閉鎖させていただきます。工事期間中の運用については2月22日にANAホームページにてご案内いたします。
  • ・「ANA SUITE LOUNGE」の新設について
    新千歳空港において、国内線プレミアムメンバー向け最上級ラウンジ、「ANA SUITE LOUNGE」を3階エリアに新設いたします。ワインやプレミアムビール、パンやスープなど既存のANA SUITE LOUNGEのサービスに加え、北海道にまつわるメニューをご用意いたします。
  • ・「ANA LOUNGE」の拡張について
    リニューアルされるANA LOUNGEは、現在のラウンジから面積を約2倍に拡大し、3階エリアに移転いたします。滑走路に面した東側は全面ガラス張りの大きな窓を設け、遠くには北海道の山々も望める、明るく開放的な空間に生まれ変わります。

具体的にはこれまで1つだったANAラウンジが、通常のANAラウンジとANA suiteラウンジに分かれ、広くなって3階に移転するようです。

 

確かにこれまでのANAラウンジは狭かった

確かにこれまでの新千歳空港のANAラウンジは、空港の規模に比較するとかなり小さいものでした。特に冬期間で航空機の出発が遅れた場合には、結構な混み具合になっていました。そのような現状を考慮して、移転すると言うことなのでしょう。

 

上級ステータスの囲い込み

また北海道に住んでいるビジネスマンは、飛行機を利用しないと本州にいけないですし、首都圏に住んでいるビジネスマンも同様です。したがって新千歳空港を日常的に使う利用者の中には、ANAのダイヤモンド会員が多いことも予想されます。

平日の羽田-新千歳便なんかは、これが優先搭乗?と思えるくらいの多くのサラリーマンが列をなして優先搭乗しています。それだけ頻回に利用する方が多く、ダイヤモンド会員の割合も高いのでしょう。それ故ANA suite ラウンジを今回新たに作ることになったのでしょうか。

改装期間中の対応

さて改装期間中は、当然ANAラウンジを利用することができませんので、代替対応として、ANAラウンジを本来利用する資格がある会員に対して、500マイルをプレゼントするようです。

500マイルと言えばクレジットカードの利用料に換算すると、私のクレカのレートでは大体30000-40000円位ですので、これだけ見れば結構太っ腹な対応かもしれません。一方でANAラウンジを利用するようなステータスがあれば、そもそもマイルは使い切れないほど溜まっていることが予想されますので、そこまでインパクトのある対応ではないかもしれませんね。

ただ出発便の時刻が迫っていて、ラウンジを素通りすることしかできない場合もあるので、そのような場合にも500マイルプレゼントしてもらうのは嬉しいことです。

改装期間は2017年の3月から9月ぐらいまでと言う事ですので、改装後の新千歳空港のラウンジが楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です