効率よくブログの記事を書くにはiPhoneの音声入力が優秀だった

ブロガーのみなさんも、どうすれば効率よくブログをかけるかと言う方法を日々模索しておられる事かと思います。

1000文字のブログをタイピングするのは結構大変

例えばブログのネタが見つかったとして、そのネタについて1,000文字とか2,000文字の記事を作成すると言うのは、結構な負担になってきます。だからこそブログの記事を作成する代行業者があるわけですが、それなりのコストがかかります。

Shinobiライティングで記事を外注した結果

タイピングするとなると時間がかかりますし、腕・手も疲れます。1,000文字タイピングしてみるとわかるのですが、頭も体もかなり疲れてしまうので、休憩を挟まないと次の記事に取り掛かれないことがあります。

iPhoneの音声入力が秀逸

そんな時にぜひお勧めしたいのが、iPhoneの音声入力です。

私は1年位前からiPhoneの音声入力で主にブログの記事を書いているのですが、いや正確にいうと文字を入力しています。iOSがアップデートされる毎に、音声入力の精度はどんどん上がっているような気がします。

ちなみに今まさに、この記事もiPhoneの音声入力で入力しているのですが、自分の話している事と画面上に表示される文字の相違というのがほとんどありません。漢字の変換もバッチリです。

一通り入力し終わった後、ブログの記事をもう一度レビューして、助詞や接続詞など少しばかり間違いがある部分を手入力で直していくだけです。

この音声入力のメリットとしては、タイピングするよりも明らかに早く文字に起こすことができますし、何より腕が全く疲れません。これは非常に良いメリットだと思います。

グラフを挿入したり、リンクを書いたりと言うことになるとパソコン上での操作が必要になってきますが、文字を入力するだけならば、iPhoneの音声入力だけで全然問題ないと思っています。

iPadやmacよりもiPhoneが優秀

他にもiPadやMacBookでも音声入力ができるようになっています。私がトライした感じだと、iPhoneの音声入力の精度が1番高いように思いました。

まずはmacbook から音声入力してみます

今マックから音声入力をしています。ハタシテ正しく変換されるでしょうか。

これくらいの短文だと、音声入力の精度は問題ないですね。ただしmacや果たしての変換がいまいちです。ちなみにmacbookからの音声入力だと、長文になると誤字が多発します。

今iPhoneから音声入力をしています。果たして正しく変換されるでしょうか

こちらも精度は問題ないですね。変換ということになると、iPhoneに軍配が上がりますか。

そもそもスマートフォンと言う性格上、こちらの話している内容がよりクリアに認識されるのか、OSが頻繁にアップデートされているからなのかはよくわかりませんが、アップル系の音声入力としては、iPhoneの音声入力が1番精度が高いようです。

音声入力のデメリットがあるとすれば、それは周りに人がいるところでは使えないと言う事ですね。交通機関やカフェでぶつぶつ音声入力していたら、周りからは白い目で見られてしまいます。基本的には自宅でしかできない方法です。

キーボードでのタイピング入力に疲れた方は、ぜひiPhoneでの音声入力を試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です