ユニクロのカシミヤセーターを購入するときに気をつけるべきこと




最近になってユニクロはカシミヤのセーターを発売するようになりました。

このカシミヤのセーターには、Vネックタイプやタートルネックなどいくつかの種類と、カラーバリエーションがラインナップされています。

このユニクロのカシミヤのセーターの品質、手触り、価格にハマり、10着以上所有している私がオススメの購入方法をお教えしたいと思います。

カシミヤのセーターが安くなる時期

この高価なカシミヤのセーターが安くなる時期があります。それは正月冬のバーゲンセールの時期です。

正月のセールは大売り出し的な意味もあって、このカシミヤのセーターも半額になっているようです。ただし2018年では、お一人様一点限りとなっていましたので、10着揃えるには10年かかる計算です。たくさん購入するためには大家族で押しかけるか、方法はありません。

一方で2月や3月に入ってからの冬物バーゲンセールの時期には、在庫一掃と言う意味合いもあるのか、購入制限なく半額のセーターを購入することができます。ちなみに、このカシミヤのセーターは最大半額までで、それ以上は安くならないようです。

したがってカシミヤのセーターを大量に揃えるのであれば、冬の終わり頃のバーゲンセールを狙うのがオススメです。

オンラインから購入するのであれば、上記のハピタスを介して購入した方がポイント等がついてお得に買い物できます。

冬の終わりになると残っているカシミヤセータの種類は限られてくる

冬の終わりのバーゲンセールですが、在庫一掃と言う観点からすると、在庫として残っているセーターの種類と言うのは限られてきます。

グレーやネイビー等のスタンダードカラーは品薄状態になり、一方でベージュやレッドなどの着こなしが難しいカラーは残っている傾向にあるようです。

また、サイズもXSやLLなど、平均サイズであるMやLから遠いサイズほど在庫として残っている傾向にあるようですね。ですから、ネイビーのクルーネック、Lサイズはバーゲンセールの時期には、店舗でもオンラインでもなかなか購入するのが難しいです。

カシミヤのセーターはワンランク大きいサイズのセーターを購入すべきである

さてこのカシミヤのセーターですが、クリーニングに出すか、洗濯機のおうちクリーニングのような機能で洗うことが必須になってきます。

繊細なカシミヤ素材ですから、洗濯機でガンガン選択・乾燥してしまうと、みるみるうちに縮んでしまうでしょう。

そのことを知ってからは、私はワンサイズ上のセーターを購入するようになりました。普段Mサイズを着ている私ですが、Mサイズのセーターを購入してしまうと、数回洗濯した後は、明らかに小さくなってしまっているわけです。

ワンサイズ上のセーターを購入することで、多少縮んだとしても、あまり気にすることなくセーターを使い続けることができます。

オンラインストアでユニクロのカシミアを購入してみた

さて先ごろお伝えしたユニクロのカシミヤセーターですが、オンラインでも半額で購入できるようです。

その条件を見てみると、1日にお一人様1点まで、半額と言う事ですから、1月1日から1月3日まで、1日1点ずつ購入すれば、合計3点購入できると言うことでしょうか。

またこれは少々面倒な方法ではありますが、家族の名前を使って複数のアカウントを作成すれば、複数枚のカシミヤセーターを購入できることになると思います。

私も1月1日の午前11時ごろに購入しようと思いユニクロのオンラインストア訪れました。

するとちゃんと半額のカシミヤセーターが存在していました!

確かに半額ですが・・・・サイズはかなり限られてますねぇ。

また、人気のカラーも完売状態で、私の欲しいグリーン or ネイビーのLサイズは残っていないようでした。

実際に1月1日に近くのユニクロに行ってみた

オンラインでも見つからないんなら、しょうがないからということで店に行ってみることにしました。

すると・・・たくさん在庫があるではないですか!高く積まれたユニクロのカシミヤセーター!!!

オンラインでは一人一点でしたが、店舗ではひとりにつきメンズ1点、ウイメンズ1点という形でした。ですから夫婦で行けば合計4つのカシミヤセーターが手に入る計算になりますでしょうか。

店舗でも、オンラインでも、是非高品質なカシミヤセーターを楽しんでもらいたいものです。










関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です