いくつかの家具店で聞いた正しいソファーの選び方




引っ越しをすることになりましたので、ソファーを新しく購入することになりました。と言うわけである倉庫宛に行ってきたわけです。

ソファーの価格帯

ソファーの価格は本当に様々です。数万円程度のものから、数十万円するものまで、そして場合によっては百万円近くするようなソファーもあります。

100万円以上するソファーも、見た目では一切分からず、座って見て腰掛けて見て、いいソファだなぁとおもって、思いがけず値段を見てみると120万円とかまあ驚くようなことがあります。

私たち夫婦のソファー選び

ソファーの形態も様々です。2人または3人が並んで腰かけるような長方形のソファーから、一人がけのソファーや、会社の応接室にあるような堅いイメージのソファまで。

私たちは、横になったままテレビを見たりリラックスしたりしたかったので、そういうソファを目指しました。

そして、どうやら座面の部分が長く、簡単に寝転ぶことができるソファーを、カウチソファーと呼ぶらしいことがわかりました。私たち夫婦は二人同時に寝たいので、必然的にL字型を購入することになりました。

革カウチソファ

いくつかの家具店で聞いた話を総合しますと、まずは素材でソファのタイプを絞ることになります。

革のソファといっても色々なタイプがあり、全面が革で覆われた高級タイプのソファから、座面のみ革、その他布貼りというようなリーズナルブなソファまで用意されているようです。

もちろん革を多く使っている全面貼りの方が高価で、革+布のソファはリーズナブルですが、違う素材を縫い合わせているぶん、縫い目のところが劣化しやすいとのことでした。

革のソファはお手入れが大切で、年に何回かはしっかりとしたお手入れが必要とのことでした。一方で小さな子供やペットがいる家庭では、同じ場所に継続的に体重が加わることにより、大切に使っていても寿命に限界はあるというような話も聞きました。

そして、一般的には同じタイプの布のソファよりも高価になります。

私たちも革のソファを見て回りましたが、最低価格が25万円といったところで、それなりの品質のものを購入しようとすると50万円くらいは必要なのかな、といった感じでした。

布のソファ

最初は革のソファと決めていた私たちですが、そうでもないことを知って布のソファも見てみることにしました。

こちらの方が価格は全体的にリーズナブル、そして模様が入ったりしていてモダンな感じはこちらの方があるのかな、といった感じでした。それにバリエーションも革のソファに比べれば豊富です。

布のソファも耐久性は革に比べると強くはないが、大切に使えば長持ちするとのこと。ううん、購入意欲が高まります。

最近ではソファを覆っているカバー全体を取り替えるようなソファも発売されているようですが、実際にとりかえようとすると価格の40-50%くらい必要で、現実にカバーを取り替える人はあまりいないようです。

またカバー全体を洗える、というようなソファもあるようですが、こちらも洗うのが面倒で、非常に神経を使うので(クリーニング必須)、全ての人がカバーを頻繁に洗っているわけではないようです。

あと家具店の方がおっしゃていたのは、ダニなどが繁殖しやすいので、ハウスダウトはこちらの方が不利になりやすいとのことでした。

最終的には40万円のソファを購入!

というわけで、最終的には40万円の布タイプのカウチソファを購入することになりました。

一番の決め手はデザインがモダン、ルンバがソファの下を突っかからずに通行できることでした。

結局革のソファも布のソファも耐久性等で変わらないのであれば、デザイン性で布のソファ!ということになりました。

ただし10年間使い倒すのであれば、それなりに良いものを、ということで40万円のソファを購入するに至ったわけです。

是非楽しみに待ちたいですね。












関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です