AirPodsを洗濯してしまいました。果たしてAirpodsは生きているのか?




Appleから発売されているワイヤレスbluetoothイヤホンのairpodsですが、間違って洗濯してしまいました。

気付いた時には顔が青ざめてしまったのですが、果たして問題なく使用できるのでしょうか?

Airpodsはついつい洗濯してしまう

普段外出するときに耳につけていることが多いのですが、ふとしたことにポケットの中にしまっていて、洗濯するときに慌てて気づいて取り出すと言うことが何回かありました。

今回は洗濯前の荷物の検問をくぐり抜けて、間違って洗ってしまったのでした。

翌日外出するときにairpodsがないことに気づき、もしやと思って洗濯機の中を調べてみると、白いイヤホン2つが洗濯機の中にあったとというような経緯です。

洗濯しても問題なく使える!

さてそんな洗濯してしまったairpodsですが、洗濯してから約1ヵ月経ちますが、全く問題なく使えています。

これまでのBluetoothイヤホンだと、実際に何回か洗濯してしまったことがあったのですが、音楽は聞けても操作はできなくなるということがあり、何回も買い換えていました。

しかしairpodsは洗濯した後も問題なく使うことができています。

本当は洗濯しないように気をつけるのが間違いないのでしょうけれども、さすがアップル製品優秀ですね。

Airpodsは防水ではない

さて、このAirpodsなんですが仕様上は防水ではないようですね。

Apple(アップル)のワイヤレスイヤホン「AirPods」はスリムな外見やコンパクトさは素晴らしいのですが、まだまだできることは限定的。

しかし新たな情報によると、今年発売される「新型AirPops」は「Hey Siri」の呼びかけに対応し、来年には防水性能も実現するというのです。

GIZMODO

ただ、普段ランニングでAirpodsを何十回、何百回と利用していて、汗もかなり付いていると思うのですが、それでも故障してこなかったのです。

意外とAirpodsは水に強いのかもしれません。。。

もう一回洗濯してしまった!!!!

(2017.9.18追記)

つい先日、洗濯機の攻撃から生き延びたairpodsを、再び洗濯してしまいました。

今回はポケットの奥深くにしまっていたので、激しく水没したのかどうかは定かではありませんが、洗濯・乾燥を得て生き残ったAipodsを救出しました。

さて、結果はという、やはり問題なく使うことができました。本当にapple製品は素晴らしいですねぇ。

Airpodsの充電器をなくした時の対処法。新たに購入するのが最善であろう

2017.10.01









関連記事



2 件のコメント

  • 記事参考にさせていただきました。自分も昨日、トレーニング用の短パンポケットでAirPodsを全自動洗濯してしまい、気がついたのは今朝ですw 半日、天日干しして無事充電、再生することができました。自分は洗濯ネットに入れて比較的多めの洗濯物だったので衝撃も少なく大丈夫だったのかもしれません

    • やはりトレーニング用の短パンは危ないですね。私もなんども危機一髪の場面がありました。少々なら水に濡れても大丈夫なのかもしれませんね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です