モエレ沼公園




モエレ沼公園

札幌駅から北東に車で40分ほどいったところにある、公園です。

元々はゴミ捨て場だったところに、著名な彫刻家、イサム・ノグチのデザインで、モダンな公園へと生まれ変わりました。

内部にはフレンチレストランやガラスのピラミッドと呼ばれる建築物があり、ここでは結婚式もできるようになっています。

モエレ沼公園は休日は家族連れやカップルで賑わう、札幌市民にとっての憩いのスポットになっています。

初春のモエレ沼公園

北東方向を眺める。

4月中旬ということでしたが、公園には雪がどっさりありました。一部はまさに雪解け中ということであり、公園内の一部は洪水状態になっていました。

このモエレ沼は何回きても飽きないですね。写真のように公園内には丘や山があり、これらに登って周囲を眺めてみると、意外にも高い建造物がなく見晴らしが良いのです。

二本の虹がでるモエレ沼公園

これまた別の日にモエレ沼公園に行ったときの写真です。
当日は雨が降ったり止んだりの様相でしたが、雨が途切れた瞬間を狙ってモエレ沼に到着しました。

初秋にも関わらず吹き付ける風は冷たく、かじかんだ指でシャッターを切りました。

よく見ると虹が2本出ているのです。










関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です