Airpodはランニングでも十分使える

アップルが提供しているコードレスイヤホン,airpodsを購入しました。

ビックカメラで購入

ビックカメラのポイントが有効期限が迫っており、ビックカメラで注文していました。1月位に注文したのですが、品切れと言うことで届いたのは3月の後半になってからでした。やはり結構人気みたいです。

接続は簡単

開封してみると、確かにコードがありません。イヤホンが2つケースに入っているだけです。イヤホン自体はごく普通のイヤホンのようで、特にボタンなどはついていません。専用のケースから出してiPhoneのBluetoothと接続するまで1分もかかりませんでした。

こーゆー操作性の良さというか、ユーザーフレンドリーなところはアップルの優れているところの1つでもあります。

また、airpodsには余分なパーツがありません。通常のBluetoothイヤホンだと、耳の大きさに合わせていろいろパーツを使い分けるところなのでしょうが、このイヤホンにはそういうものがありません。

ランニングに耐えれるか

私の場合イヤホン選ぶにあたって1番のポイント、ランニングにも耐えるかどうかということです。したがっていざ装着して走ってみることにしました。

いざ走り出してみると、本当につけていることを忘れさせてくれる位のクオリティーです。これまでのコードがついてイヤホンジャックに端子をさすタイプのイヤホンであれば、自分の衣類にコードが触れて雑音が入ることがありました。

またBluetooth型のイヤホンであっても、2つのイヤホンをむすぶコード部分が、首のあたりの衣類に触れて、雑音を発生することがあったりして、まだまだだなぁと言う感じでした。

しかしこのコードレスのイヤホンはかなり革命的です。コードがないので、衣類や体の部分に触れて雑音が入ると言うことがありません。

またコードがないことで外れやすいのかと言う懸念もありましたが、実際に装着してみて感じたのは、コードがないことによって余分な力がイヤホンに加わらず、むしろ外れにくくなっているのではないかということでした。

走っていて、不意にぽろっと落ちて排水溝などに入ってしまったら目も当てられないなぁと思って走っていましたが、この辺は気持ちの持ちようかもしれません。

最終的に5キロほどランニングしましたが、危ない場面などもありませんでした。

十分満足できるレベル

評価はと言うと、これはこれは十分満足できるものです。これまで使っていたBluetooth型のイヤホン(4,000円位)に比べても、低音などはうまく再現されている印象です。

個人的には、イヤホンジャックに差し込むタイプのイヤホンが、コードありのBluetoothイヤホンになった位の衝撃がありました。是非とも使ってもらいたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です