岩盤浴でAirpodsを使ってみた

 

 

何かと便利なbluetoothでコードレスイヤホンのairpods。洗濯しても大丈夫だったので、岩盤浴でも使ってみることにしました。

岩盤浴+音楽

岩盤浴は、日々の生活の中でも非常にリラックスできる場所です。静かな環境で横になり汗が吹き出てくるのをじっと待つ、そんな一瞬はまさに至福のひとときでもあります。

そこにクラッシックやヒーリングミュージックが加わるとどうでしょうか。ますますリラックスして至福のひとときはいっそう楽しくなるでしょう。

と言うことでAirpodsを使って岩盤浴に入ってみることにしました。

岩盤浴でもAirpodsは問題なし

私が使った岩盤浴の温度は正確には書いていませんでしたが、せいぜい40−45℃といったところだと思います。

そして、使って見た結果は問題ありませんでした。いまも岩盤浴で使ったairpodsを使いながらこの記事を書いています。

airpodsは実際には常に耳にフィットしているので、岩盤浴室内の空気によって温められる一方で、自分自身の体温によって相対的に冷却される効果もあるようです。

時々温度を確かめるようにAirpodsを触っていましたが、意外と体温よりも低いくらいの温度ではなかったかと思います。

一応、 iOSの温度管理については、ホームページに下記の通り記載があります。

iOS デバイスは -20° ~ 45℃ の場所に保管してください。駐車中の車の中は高温になることがあるので、デバイスを車内に置いたままにしないでください。

したがって15分程度入り続ける程度の岩盤浴であれば、イヤホンをつけていても問題ないのではないでしょうか。

浴室でAirpodsを使用する強者発見

さてそこで体験した岩盤浴には、天然温泉がついています。というよりは、天然温泉の施設に岩盤浴が併設している感じですね。

岩盤浴を終えて浴室に行ってみると、ヘアバンドでAirpodsを固定して入浴している男性の方がいました。

確かにコードレスで音楽が聴けると言う点では、お風呂の中でもAirPodsと言うのを使用できるかもしれません。それにしてもお風呂でも音楽を聞こうとするその執念には驚かされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です